池田愉養院(ゆよういん)付属研究室

東京都三鷹市 JR三鷹駅より徒歩3分。 整体 池田愉養院のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

生きているなら、みな健康

病気であろうと、老いていようと、血液は流れ、呼吸し、消化しています。
細胞レベルでガス交換が行われ、必要なものを取り入れ、不要なものは排出します。
身体の中では、とんでもなく精妙でダイナミックな働きが起こり続けています。

体のバランスが多少悪かろうと、バランスを保とうとする働きは常にあります。
生きているならば、ある程度以上のバランスは維持しているのです。
「健康」を拡大解釈すれば、「生きているなら、みな健康」と言えます。

逆に、「生きているなら、みな病気がある」と言うこともできます。
体は常に壊れ続けています。
細菌やウイルスはたくさんいますし、日光を浴びれば紫外線で細胞は損傷します。
遺伝子の複製ミスもあります。
呼吸や飲食によって体に害となるものも取り入れています。
ケガをすることもありますし、無理をすることもあります。

しかし、体は損傷を修復し、要らないものは体外に排出します。
ごく小さな病気になり、回復することが、私たちの気づかないうちに、体のあちこちで起こっているのです。

意識されない様々な働きによって、私たちの体が維持されていることは、すごいことだと思います。
そのような働きをたたえる意味でも、「生きているならば皆健康である」と考えてみるのもよいのではないでしょうか。

では、音楽を。
バッハ『フーガの技法』 サヴァール指揮

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。