池田愉養院(ゆよういん)付属研究室

東京都三鷹市 JR三鷹駅より徒歩3分。 整体 池田愉養院のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

同時相関相補性

前回は、「息・食・動・想」について書きました。

同時相関・相補性とは、それらの関係性です。
息・食・動・想(+環境)は、良くも悪くも互いに影響を及ぼしあっている、ということです。

どれかのバランスが悪くなれば、他のバランスも悪くなり、
どれかのバランスが良くなれば、他のバランスも良くなる。

食事の質や量のバランスが崩れれば、呼吸、体の動き、心の状態も乱れます。
逆に、食事のバランスがよくなれば、呼吸、体の動き、心の状態もよくなります。

心の状態(想)をよりよくしたい場合、直接心にアプローチするだけでなく、
体や呼吸を整えたり、食事を改善することによっても、心の状態は変わってきます。

足を引っ張っている部分から改善した方がいい場合もあれば、
興味があったり、変えやすいところから改善していったほうがいい場合もあります。

施術は、体のバランス(動)を整えることです。
体のバランスを整えることは、息・食・想を整えることでもあるのです。 
体が整うと息が深くなります。心も落ち着きます。
食も、体と心が落ち着くと、節度あるものに快適さを感じるようになります。

人間の営みのいろいろな面はつながり、関わりあっています。
全体を見ること。
部分が変化することによって、全体が変化すること。

このような考え方は決して操体特有のものではありません。
表現は違えど、いろいろなところで、言われてきていることです。
心身のコンディションについて考えるとき、部分だけでなく、全体との関連で考えてみることは大切だと思っています。

では、今回の音楽は、ヌスラト・ファテ・アリ・ハーン。
先日グーグルのロゴになっていました、生誕67周年だったそうです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。