池田愉養院(ゆよういん)付属研究室

東京都三鷹市 JR三鷹駅より徒歩3分。 整体 池田愉養院のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

静の操法

前回の記事で書いた「動の操法」は、お客様ご本人に意図的に動きだしていただくものでした。
「静の操法」では、本人に意図的には動いていただかない、ということです。
そういう意味では、いろいろな手技療法の多くは、静の操法ということになります。
どのようなことを行うのか、主なものを簡単に紹介します。

「たわめる」
筋肉、筋膜などを伸びている状態より、他力的に縮めます。
ストレッチの逆ですね。
皮膚をずらすような感じだったりします。
動の操法は本人にも動いていただいて、たわめていることになります。

「解離」
こちらは引き離す感じです。
関節とその周辺の組織が癒着していたり、ねじれている状態から、伸びていきやすい方向に少し引き離してあげることによって、楽な状態に変わっていきます。

「まわす」
本人の楽な範囲で関節をまわします。
回し方は、左右にひねりを加えながらまわしたり、解離の状態でまわしたり、逆に軽く圧をかけた状態でまわしたりバリエーションがあります。
回す方向は左右比べてみて、違和感のない方向に回していきます。

「重力から解放する」
なんだかすごいことっぽいですが、軽く持ち上げることです。
本人の身体の一部、脚や腕、頭を軽く持ち上げて支えます。
そのとき身体がうごめきだしたら、それについていきます。
不思議ですが、身体はうごめきだすのです。
普段は重力に引っ張られているために、うまく現れていなかった身体の働きが出てきやすいように補助をするだけです。
身体は治ろうとする働きがあるのです。

ゆらしたり、身体をある位置で支えたりすることもあります。

さらっとですが、「静の操法」の紹介でした。


動と静、どちらの操法でも共通することを、いくつか書いておきます。
ある刺激によって、血流がよくなり、本人の身体の修復作用が働いた結果、楽になると考えています。

部分を扱っていても、全身に効かせる狙いで行う操法が多いです。

本人にとって、自然で楽な姿勢で施術を行います。
体幹が歪んでいたり、頭が横を向いていたり、手足の開き具合などは、その人のそのときの状態によって違います。
その状態は訳あって、そうなっていて、本人はそれが楽な状態なのです。
歪んでいるからといって、外見的にまっすぐな良い姿勢をとると、本人は窮屈な感じがします。
だから、本人の楽な姿勢で施術を行い、結果として整った姿勢が楽に感じるようになるとよいのです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。